通信制高校に転入することになった時は

自宅から離れた全寮制の学校へ行きたいと親に言いました

通信制高校 | 通信制高校の在り方を考える

自宅から離れた全寮制の学校へ行きたいと親に言いました通信制高校へ転住することになったなんとか卒業証書をもらうことができた時は両親は嬉しそうでした

私は幼稚園時代から1つ違いの兄とはいつも違うと親や幼稚園の先生から直接言われて、それは良い意味では無いことは子供ながら何となく感じていました。
それでも親は私を可愛がってくれていましたが、小学校に入ってからもじっとして先生の話しを聞くことが苦手な子供だったのです。
そうしていくと当然のように学校のいわゆる勉強も他の同級生たちと差が出てくるようになってきました。
中学校になりいよいよ高校受験が目の前に迫ってきたというのに私が行けるような学校というのは兄とは大違いの偏差値を口に出すのさえはばかられるような学校だったのです。
そこで私はなぜ自分がそれを言ったのか分からないのですが、全寮制の学校へ自宅から離れた所に行きたいと親に言いました。
親は私がそこに行きたいと自分から言ったということで前向きになったのだと思い直ぐに中学校の先生に相談をしてそこに推薦状を書いてもらえるように依頼をしたくれたのです。
私はそれまでの学校嫌いや友達づきあいの下手さをやり直したい気持ちで一杯でした。
自分で一から始める新しい生活をしっかりとやり遂げたいと思って密かに小さな決心をしていろいろな用意をしたのです。
実際に入寮して見ると家で自分が考えていた生活とは大きく違って、初日から自分がその場所に馴染まないことは分かってしまいました。
でも幾らそう思っても直ぐには親には言えません、そこに入るまでの親の苦労は大変だったのは分かっています。
両親は2人とも働いていましたが生活はかなり苦しそうだったのは、聞かなくても分かっていました。